top of page

2024年5月のマーケティングライブは、片岡英彦先生に、企業のコミュニケーションの整理を行ってもらいました。

Aoba-BBT マーケティングライブ、2024年5月のゲストは


ようやく、桜が咲いてきましたね。私は、3月中旬に、六義園のしだれ桜を見に行ったのですが、早すぎで、桜のつぼみ鑑賞になりました。


六義園のしだれ桜
六義園のしだれ桜

そして、早いといえば、3月の最終金曜日に、BBTマーケティングライブの2024年5月分の番組の収録を行ってきました。今回のゲストは、東京片岡英彦事務所の、片岡先生です。


マーケティングライブの片岡先生
マーケティングライブの片岡先生


片岡先生は、『成果を出す 広報企画のつくり方』という本も、2023年12月に出されました。




確かに、企業の広報は変化している

BBTマーケティングライブでは、企業のコミュニケーションの整理、そして時代と共に変わってきた、企業の広報活動について、整理していただきました。


番組の後半では、戦略PRについて、片岡先生の考えを述べて頂きました。


左から、谷口さん、本間、片岡先生
左から、谷口さん、本間、片岡先生


私も、花王時代に、Webサイトの仕事をしていた時に、戦略PRの話題で、よく社内で議論したものです。今でこそ、多くの会社はWebサイトを公開していますが、1995年頃は、企業はWebサイトで情報を発信しないといけないのかという議論をよくしたものです。


さらに、関係貴社向けに届けていた、「ニュースリリース」をWebページで公開することも議論になりました。Webサイトでニュースリリースを公開すると、新聞、テレビで取り上げられなくなる。いや、企業のWebページで、ニュースリリースを原文のまま公開することこそ、自社メディアとして意味がある。


今は、むしろ企業のWebページに、ニュースリリースを公開することは、自然なことになっていますが、インターネットの歴史の初期には、このような議論があったのです。しかし、この議論は、企業の広報活動の本質的な価値の確認であり、今考えると良質な議論だったと思います。


片岡先生のBBTマーケティングライブの番組では、これらの混乱を、きちんとしたフレームワークで理解することができます。広報のプロから、広報の初心者まで、幅広い方に広報の整理のためにご覧いただきたいt番組です。


片岡先生の講座をJAAの実践広告塾で受講可能

さてこの番組に興味のある方に、さらなる情報です。片岡先生は、東北芸術工科大学 企画構想学科で、教授として講義をされています。しかし、社会人である私たちも、片岡先生の講義を受けるチャンスが実はあります。


それは、JAAの実践広告塾という講座です。また、このBlogを書いている段階では詳細が発表されていませんが、片岡先生は、、JAAの実践広告塾で、演習と最終発表のご担当をされています。毎年、8日間のこの講座は、企業の広告・マーケティングの担当者に人気の講座です。その一つの理由は、片岡先生のグループワークがあるからでもあります。


ぜひ、興味のある方は、こまめにJAAの実践広告塾のサイトを確認頂き、申し込まれてみてはいかがでしょうか?


なお、BBTの番組は、すべて有料放送です。視聴方法もサイトに説明があります。また、視聴された方は、ぜひ感想なども教えてくださいね。


閲覧数:136回1件のコメント

1 comentario


ブログ公開時は、まだ未定だった、JAAの「実践広告塾」ですが、応募開始になりました。JAA2024「実践広告塾」です。JAAの会員でなくても受講可能です。

Me gusta
bottom of page